日本語回帰

中島みゆきさんも松任谷由実さんも心に響く歌を歌ってくれますね。特に「地上の星」は好きです。

日本を代表する女性シンガー・ソングライターの中島みゆきさん(55)と、「ユーミン」こと松任谷由実(まつとうや・ゆみ)さん(53)の曲の歌詞に出てくる外国語の割合が、1970年代のデビューから90年代後半までは増加したが、2000年以降は減り、「日本語回帰」とも言える現象が起きていることが27日、伊藤雅光(いとう・まさみつ)・国立国語研究所文献情報グループ長の調査で分かった。

中島 みゆき (なかじま みゆき、本名:中島美雪、1952年2月23日 - ) は、北海道札幌市生まれ、帯広市出身のシンガーソングライター、ラジオパーソナリティ。1975年にシングル『アザミ嬢のララバイ』でデビュー。失恋歌とラジオ番組などでの明るい語り口とのギャップで1980年代前半に大きな人気を博し、現在も根強い支持を受け続けている、日本を代表する女性シンガーソングライターの一人。

オリコンで4つの年代に渡ってシングルチャート1位を獲得した(1970年代:わかれうた、1980年代:悪女、1990年代:空と君のあいだに、旅人のうた 2000年代:地上の星)唯一のソロ・アーティストでもある。ヤマハミュージックアーティスト、ヤマハ音楽振興会所属で、ヤマハ音楽振興会の理事を務めている。しかし、その事はあまり知られていない。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。